レゴブロックでプログラミング:教室で習う?キット購入?無料体験はある?

LEGOプログラミング

LEGOブロックで遊ぶのが大好きなお子様には、LEGOブロックを使用したプログラミングはいかがですか。

LEGOブロックを教材としてプログラミングする方法は大きく分けて4種類ありました。

  1. 通信教育(Z会)
  2. ロボットプログラミング教室で習う(通学・オンライン)
  3. アフレルで購入
  4. Amazon・楽天・ヤフーショッピングなどの大手サイトで購入

それぞれご紹介します。

Z会プログラミング講座 with LEGO® Education

Z会では「Z会プログラミング講座 with LEGO® Education」があります。

※Z会はLEGO社のアフタースクールオフィシャルパートナープログラムです。

家庭学習となるので、好きな時間に好きなだけ教材に取り組むことができます。

Z会プログラミング講座 with LEGO® Educationは、イード・アワード2019年プログラミング教室顧客満足度 最優秀賞を受賞した教材です。

Z会プログラミング講座では、毎月2つのテーマに沿って学習を進めていきます。

ロボットを組み立てるだけで終わりではなく、ドリル形式の問題で学習内容の振り返りができます。

使用するレゴ
  • 基礎編:レゴ(R) エデュケーション WeDo2.0 型番:45300
  • 標準編:レゴ® エデュケーション SPIKE™ プライムセット 型番:45678

講座で使用するレゴはZ会で購入することができます。

スポンサーリンク

LITALICOワンダー(リタリコワンダー)

リタリコワンダーは、教室とオンラインのどちらでも受講することができます。

使用するレゴ
  • ロボットクリエイトコース(年長~):LEGO®WeDo2.0
  • ロボットテクニカルコース(小3~):レゴ®エデュケーションSPIKETMプライム

無料体験はこちらから

スポンサーリンク

Crefus(クレファス)

クレファスは、レゴ社のアフタースクール パートナー校です。

年長さんから高校生まで通うことができます。しっかりとしたカリキュラムが特徴です。

使用するレゴ
  • Kicksコース:レゴ®エデュケーションWeDo 2.0
  • Crefusコース:レゴ®マインドストーム®EV3を使います。
  • ゴールド以上のコース:レゴ®マインドストーム®EV3の他にVEX®EDRを使用

世界最大規模の国際的なロボットコンテストFLL (FIRST®LEGO®League)に、代表チームを輩出しています。

無料体験できます

スポンサーリンク

アフレル(レゴ正規代理店)

アフレルはLEGO Education 日本正規代理店です。

WeDo 2.0 for home by アフレル
型番:WEDO3-NFH
対象年齢:5歳~
標準価格:34,800円(税込 38,280円)
キットの他にもワークブックなども入っています。

レゴ® エデュケーション SPIKE for home by アフレル
型番:SPKFH-SET
対象年齢:10歳~
標準価格:68,000円(税込 74,800円)
キットの他にもワークブックなども入っています。

アフレルの場合、レゴとワークブックがまとめて送られてきます。

コツコツとワークブックを見ながら自分で学習を進めていきます。

お値段が高いので、クリスマスや誕生日プレゼントなどに贈るのもいいですね。

Z会の通信教育のように毎月テキストが送られてくるものではありません。

レゴ® プログラミング教材 有料教材体験ができます
  • レゴは好きだけど、プログラムは初めてだから使えるか心配
  • どんな教材なのか見てみたい

など購入する前に気になる事がたくさんありますね。

アフレルでは、レゴ® プログラミング教材をご家庭で約1週間、有料で体験することができます。

費用:税抜3,000円(税込3,300円)※往復送料を含みます。

教材体験後に商品をご購入するときには、税抜3,000円割引してもらうことができます。

スポンサーリンク

通販で購入

レゴのキットを購入するなら、Amazon、楽天市場、ヤフーショッピング、auPayマーケットなどの大手通販でも取り扱っている店舗があります。

Amazon・楽天・ヤフーショッピング

楽天スーパーセールやヤフーショッピングのキャンペーンなどを利用すると、お得に購入することができます。

レゴのキットを購入しても、パソコンやタブレットが無いとプログラムを動かすことができないので、ご注意ください。

「レゴでプログラミング」のまとめ

レゴを使ってロボットを組み立ててプログラミングをおこない、ロボットを動かすことでモーターやセンサーの使い方や機械が動く仕組みを学ぶことができます。

機械の制御の仕組みを理解しながら発想をどんどん広げることができるようになります。

気になったら資料請求・無料体験に参加がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です